クラシア

MESSAGE

 

大切なのは、
本物であること継続できること

家をつくるという仕事は永遠に無くならないものだと考えます。
ITの発達で、多くの仕事が無くなろうとしています。
今までは人が仕事をしていたことを、これからはITが仕事をする時代。
しかしながら、家づくりは人の手が無くなれば、なしえないものです。
家づくりはどの地域でも同じということはなく、その地域ならではの造りこみがあるからこそ、快適な生活を楽しむことができるようになります。
その地域ならではの歴史があり、文化があり、自然環境があります。
それを体感している人のみが知っている経験値こそ、家づくりにはなくてはならないものです。
それを持ち合わせている唯一の存在は、その地域に古くから根差した工務店さんであり、不動産会社さんです。
今、その工務店さん、不動産会社さんが減少傾向にあり、次の世代に歴史を伝えること が途絶えようとしています。
家づくりには歴史の伝承が必要不可欠なものであり、何としても繋げていく必要があります。
それには、工務店さん、不動産会社さんの家づくりの環境を改善することが急務であり、それを成しえる本物のサポートが必要です。
私たちクラシアグループは、「本物であること、継続できること」を基本理念において、その地域になくてはならない工務店さん、不動産会社さんが元気に家づくりができるように サポート致します。
末永く、家づくりの技術伝承ができるように活動しています。

BIOGRAPHY

 

堰口新一(せきぐちしんいち)
1968年生
中央大学理工学部卒業
一級建築士・一級建築施工管理技士

現場を知らないと設計をやってはいけない、先ずは実物を見てから設計に入ろうと自ら現場監督を志願し、ダイワハウスに入社、その後、熱烈なラブコールを受けて設計事務所に転職、設計士として活躍し、また、補償コンサルタントとして都市計画道路、駅前再開発など、国・県・市町村が事業主体となってる建物移転補償調査に従事。
現コスモスイニシアグループ(当時リクルートコスモスグループ)では、大規模戸建て分譲の設計・現場管理に従事、その後、コンサルティング会社にて戸建て注文住宅・RC賃貸住宅FC本部での商品開発を経て、独立起業前の最後の企業である、ハイアス・アンド・カンパニーでは、戸建て賃貸住宅の商品開発を行う。
2007年、Regress一級建築士事務所を設立、机上論ではない自らの多様な実務経験を武器に、相続対策、不動産活用などを目的に、土地・建物オーナーの支援に乗り出す。
高齢者施設、保育園など、地主さんとテナントさんのマッチングを主軸にした土地活用の事業提案を行う。
建築・不動産業界での顧問先と事業提携し、土地活用事業の推進と新規事業構築の支援を数多く手掛けた。
最近増えている建築訴訟も数多く手掛け、弁護士と連携し、現場調査から裁判所に提出する意見書作成など、高度な技術レベルでの和解、訴訟にかかわり、中小工務店・不動産会社を支援している。
そして、更なる住宅業界への支援強化のため、住宅支援機構一級建築士事務所へ名称変更を行い、一般社団法人住宅支援機構を設立。
中小の工務店・不動産会社がお客様に大手ハウスメーカー同様の安心感を提供できるように支援するブランド「クラシア」の提供をはじめた。

OUTLINE

 
  • 法人名

    一般社団法人 住宅支援機構

  • 所在地

    <本部> 〒108-0075 東京都港区港南1丁目9番36号 アレア品川ビル13階 
    MAP→

    <福岡支部> 〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-19 サンライフ第3ビル6階 
    MAP→

  • T E L

    03-4346-0723

  • F A X

    03-4496-4779

  • 代表理事

    堰口新一

  • 事業内容

    クラシアグループの運営
    国内外の住宅建築に関する情報収集及び研究
    住宅建築に関する専門家の育成及び指導
    住宅建築の知識及び技術向上を目的とする講演会、研修会及び啓蒙活動
    会員相互の交流及び情報交換
    内外の諸団体との交流及び連携

ACCESS

 

< 本 部 >  〒108-0075 東京都港区港南1丁目9番36号 アレア品川ビル13階 【 JR・京急線「品川駅」港南口より徒歩1分 】

 

< 福岡支部 >  〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-19 サンライフ第3ビル6階 【 JR線「博多駅」より徒歩5分 】